そもそも胸のサイズをきちんと測定できないと、自分に合ったブラジャーやナイトブラを探すことはできませんよね。

「下着を探す」という観点で考える場合は「胸のサイズ=アンダーバストとトップバストの差」だと捉えましょう。

では、測定の仕方をお伝えしていきます。

まずは、服を脱いで背筋をピンとはり、90度の角度がつくように礼をして、ブラジャーを着用!

そのまま上体を起こして測定してください。

この一連の流れには「できるだけバストを持ち上げた状態で測定する」という意味があります。

誰かに協力してもらうのであれば「測定される人」が自分の胸を自然に持ち上げているうちに測ってもらいましょう。

これで、トップバストのサイズが分かったはずです。

続いてアンダーバスト!

まずは、どちらかの指をつけた状態で広げます。

そして、脇の下に手を横向きにして差し入れます。

この際の小指の場所がアンダーバストの場所となります。

アンダーバストを測定するときのよくあるミスとして「胸の膨らみ始めの位置を測定する」というものがありますが、実際にはそれよりもう少し下の場所を測る必要があるので間違えないようにしましょう。

勘違いして、胸のすぐ下の位置で測ってしまうと、ブラジャーがきつく感じるはずです。

胸を測ることが難しいのであれば、下着屋さんなどのスタッフに測定してもらうことを推奨します。

ですが、そもそも下着の製造会社によって同じカップ数でも少し大きさが違う場合が少なくありません。

ですから、結局のところ万全を期すのであれば、一枚一枚試着してから購入することをおすすめします。

 

下着ショップの試着室で確認すべきこととは?

では下着屋さん(インナーショップ)の試着室でブラジャーやナイトブラを装着した際に確認すべきことを挙げていきますね。

まずは、カップの中央の部分とトップにスキマがある→ブラジャーのサイズが大きい

胸が潰れるような感覚がする→ブラジャーのサイズが小さい

「脇の下の肉をカップに向けて流しましょう」と何度かお伝えしましたが、ブラジャーのサイズが小さすぎるのであればそれでもできませんよね。

脂肪や肉を入れる余地がありませんので…。

だからといって、サイズが大きすぎるブラジャーを選んでしまっては本末転倒ですので、気を付けましょうね。

また、バンドやストラップ、ワイヤーなどの影響で苦しくなっていないかどうかも確認しましょう。

これらが皮膚を圧迫していると胸が潰れてしまいかねませんし、そもそも感覚的にも辛くなる場合が大半です。

でも、バンドやストラップがどうなっていれば『ちょうどいい』のかが分からない」という人もいると思います。

これについては、バンドの場合は指が2本、ストラップに関しては指1本が入るくらいが適切であるとされています。

実際、これくらいのゆとりがあれば快適に着用し続けることができますし、緩いと感じることもないはずです。

あとは、軽く体を動かしてみたり、腕を下げたり上げたりしたり、上半身をひねったりしてみてください。

まず、ブラジャーのサイズが大き過ぎる場合は、あっさりブラジャーが落ちてくる可能性が高いですね!

逆にサイズが小さすぎるケースでは、身体を動かした際にブラジャーが上方向にスライドしていってしまう場合が多いです。

いずれにせよ適切なナイトブラを身に着ければ、少しくらい動いたところでズレることはないでしょう。

寝ている時間にバストアップできるおすすめアイテムはこちら⇒ナイトブラ

くれぐれもサイズは間違えないようにしましょう!